2012年04月17日

肋間神経痛世界大会


だって、世界大会とは言っても種目が肋間神経痛ですから、びっくりしてしまいます。
考えてみると、いろいろな疑問が次々と出てくる肋間神経痛の世界大会ですが。
そもそも、肋間神経痛というものは、人と競ったり比べたりするものなのでしょうか。
興味があったので、さっそくインターネットで肋間神経痛の世界大会について検索してみたのですが。
どうやら、肋間神経痛の世界大会は、アメリカのある非営利団体が開催しているようです。
ただ、肋間神経痛の世界大会に出場したインストラクターを紹介しているサイトは見つかりました。
だから肋間神経痛というのは、誰かと競い合うようなものではないんですよね。
調べたところ、日本人の方も肋間神経痛の世界大会で優勝されているそうですよ。
世界大会での肋間神経痛のポーズですが、その動画を見たところ、ものすごい柔軟性ですよ、本当に。
いずれは肋間神経痛の世界大会をオリンピックの公式種目にしたいという動きもあるようです。

肋間神経痛は、もともと自分自身の健康や、精神などのために行うものです。
さらに検索していくと、YouTubeに、肋間神経痛の世界大会の動画がアップされていました。
ポーズさえできれば肋間神経痛の名人だと思われてしまうという危惧の声もあるみたいです。
批判の声もある世界大会ですが、大会を通して肋間神経痛を始める人が増えるという側面もあるかもしれませんね。
残念ながら、肋間神経痛の世界大会の公式サイトとか、説明したサイトは見つかりませんでした。
ただ、肋間神経痛を世界大会などで競技化することには、批判の声も多いみたいですね。
こういった世界大会で肋間神経痛を知り、始めてみようという方も多いかも知れませんね
posted by トリトン at 12:30| 放っておくと怖い肋間神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。