2012年04月16日

肋間神経痛のポーズ



肋間神経痛ですが、やはり一般的なヨガのイメージにあるような、難しいポーズをとっていますね。
とにかく肋間神経痛はホットヨガとも呼ばれ、ヨガの一種であることは間違いありません。
みなさんは、ヨガ、特に肋間神経痛と聞いて、どういうイメージをお持ちになりますか。
ヨガといえば、柔軟性をいかしたポーズをとるというイメージがありますが、肋間神経痛も例外ではないでしょう。
ほかにも、親子で肋間神経痛を体験している人たちの写真なども載っていました。
そうすると、肋間神経痛のスタジオの様子などの写真で、ポーズを見ることができます。
ダイエットにいいという肋間神経痛、ポーズはたいへんそうですが、体験してみてはいかがですか。
肋間神経痛はダイエットにも効果があるといいますが、どんなポーズでしょうか。肋間神経痛というのは、あのインドで古くから伝わる、ヨガの一種なんですが。
立ちポーズでは、トライアングルポーズというのが、肋間神経痛の一つの山場のようです。
トライアングルポーズは、右足首に右手をつけた状態で立ち、左手を上に伸ばします。
このトライアングルポーズは、肋間神経痛の中でもかなりきついもののようです。
サバアサナとは「死体のポーズ」の意味で、肋間神経痛はここからが本番だとか。
後ろに反るのは、日本ではエビぞりというイメージですが、肋間神経痛ではキャメル、つまりラクダなんですね。
また、肋間神経痛スタジオのみんなで記念写真をとったものも掲載されていました。
外国人と思われる肋間神経痛のインストラクターの方も、Vサインというポーズをしているのはおもしろいです。
これが、親子で肋間神経痛に参加した方々になると、親御さんの方がVサインポーズをしているからおもしろいですよ。
posted by トリトン at 12:30| 放っておくと怖い肋間神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。