2012年04月14日

肋間神経痛のインストラクター

肋間神経痛ですが、ヨガスタジオに通って実践してみるという方も多いでしょう。
室温40度、湿度55パーセントという条件下で行うのが肋間神経痛ですから、自宅でするのは厳しいです。
肋間神経痛などのヨガについては、アメリカは日本より、かなり進んでいるようですよ。

肋間神経痛のインストラクターは、公的な資格が必要な仕事ではないようです。
やはり誰かから肋間神経痛を習うことで、インストラクターになれたのだと思います。
では肋間神経痛のインストラクターになるためには、どうすればいいのでしょうか。
でもインストラクターだって、最初から肋間神経痛ができたわけではないですよね。
自分自身、肋間神経痛について熱心に研究し、また、修行もしていなければなりません。
それに、公的な資格ではないにしろ、民間のヨガインストラクター養成スクールの修了証というものが存在するようです。

肋間神経痛のインストラクターの、給料はいくらぐらいなのか、興味がわきませんか。
調べたところ、肋間神経痛インストラクターの給与平均は一年で350万円程度だそうです。
アメリカなどでは、肋間神経痛などを教えるためのヨガライセンスがあるそうです。
新人の肋間神経痛インストラクターなら、月に20万円台の前半くらいだとか。
もちろん、実際に肋間神経痛を教えるのだから、何の知識も技術もなければ困ります。
また、ここまでで紹介したのは、正社員となった肋間神経痛インストラクターの場合です。
肋間神経痛インストラクターには、教え方の工夫や、コミュニケーション能力も求められるようです。
どうやら肋間神経痛インストラクターも、なかなかたいへんな仕事のようですね
posted by トリトン at 11:30| 放っておくと怖い肋間神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。